こまめにお風呂掃除をしていても思うように汚れを取れなかったり、掃除が大変だったりする場合は洗剤の選び方を間違えているのかもしれません。

洗剤の選び方を間違えると、ゴシゴシしても汚れが落ちなかったり、反対に汚れが付きやすくなったりすることがあります。そこで今回は、浴室掃除の洗剤選びのポイントとおすすめの洗剤についてご紹介いたします。

浴室のお掃除で使う洗剤の選び方

手間をかけず、浴室をピカピカにするためには、適切な洗剤を使うのが大切です。しかし、浴室用洗剤は「中性」「酸性」「塩素系」などさまざまな種類があり、どれを使えば良いのかわからないと困っている人も少なくありません。

まずは、浴室用洗剤の選び方について確認していきましょう。

毎日のお掃除は中性洗剤

毎日のお風呂掃除で使う洗剤は中性洗剤がおすすめです。中性洗剤は浴槽だけでなく、壁や床などの部分にも使用できる洗剤で、皮脂汚れなどの比較的軽い汚れを落とせます。

中性洗剤は肌への負担が少ないことが特徴です。肌荒れしにくいので、毎日のお風呂掃除に適しているでしょう。酸性洗剤や塩素系洗剤と比べて洗浄力は劣りますが、お風呂の素材を傷つける心配も少ないです。洗剤によっては、カビや水あか、ぬめりなどを予防できるものもあります。

水あかには酸性洗剤

蛇口や洗面器、浴槽、壁などに発生する白っぽい水あかや石けんカスなどのアルカリ性の汚れには酸性の洗剤が合っています。酸性の洗剤でアルカリ性の汚れを中和させると、ゴシゴシこすらなくても気になる汚れを落とせるでしょう。

ほとんどの酸性洗剤は汚れている部分にピンポイントでスプレーし、数分置いてから洗い流します。洗剤によっては、カビを防いだり、汚れを付きにくくしたりする効果も期待できます。ただし、中性洗剤と比べて刺激が強いため、使用時は手袋を着けて、換気しましょう。

カビやぬめりには塩素系洗剤

お風呂の隅や排水口に発生するドロドロとしたぬめりや壁、天井、タイルなどに発生する黒カビは強い殺菌作用や漂白作用のある塩素系洗剤で落とします。一般的な塩素系洗剤を使う場合は、ぬめりやカビが気になる部分に洗剤を吹きかけて数分間放置し、しっかりと洗い流しましょう。放置中に洗浄成分が浸透するため、強くこすらなくても気になる汚れをピカピカにできます。

塩素系洗剤は消臭効果も期待できるため、排水口などの臭い対策にも役立つでしょう。しかし、塩素系洗剤も酸性洗剤と同様に刺激が強いので、しっかりと換気しながら、手袋やマスクを着けて掃除してください。

泡切れの良さ

浴槽や床などに洗剤が残ると、滑って危険です。また、洗い流しが十分でなければ、洗剤が汚れのもとになることも珍しくありません。浴室用の洗剤を選ぶ時は泡切れの良さも確認しましょう。

泡を流しやすい洗剤を選ぶと、短時間で掃除が終わり、使用する水の量が減るので、節約もできます。ただし、しっかりと掃除したい時は泡切れの良い洗剤よりも泡立ちの良い洗剤を使う方が効率的です。

洗剤に配合されている成分

子供や赤ちゃんがいる家庭や敏感肌の人は肌に優しい成分で作られた洗剤を選ぶのもおすすめです。石油系界面活性剤や香料、着色料などが含まれていない中性や弱アルカリ性の洗剤を使うと、肌への負担をやわらげられます。また、植物やクエン酸、重曹などが主成分の洗剤は環境への影響も少ないです。浴室用洗剤を選ぶ時は成分表示を確認し、不安のないものを選びましょう。

広告

浴室用洗剤の注意点

浴室用の洗剤を使う時や選ぶ時は2つのポイントに注意しましょう。

「混ぜるな危険」は守る

浴室には水あかや石けんカス、ぬめり、黒カビなどさまざまな汚れが発生します。汚れに合った洗剤を使うことで効率的に掃除できるため、2つの洗剤を混ぜたり、同時に使ったりしたいと思う人もいるかもしれません。

しかし、洗剤を混ぜるのはやめましょう。特に、酸性洗剤と塩素系洗剤を混ぜると、有毒ガスが発生して体に悪影響が及ぶ危険性があります。一般的に販売されている中性洗剤やナチュラルな成分でできた洗剤でも他の洗剤と混ぜてはいけない商品もあるので、製品の注意書きは必ず確認してください。

洗剤を使えない部分に注意

掃除したい部分によっては、使用できない洗剤もあります。例えば、酸性用洗剤を金属や大理石、プラスチックなどの素材で作られた部分に振りかけると、素材が変色する可能性があります。合わない洗剤を使い続けていると、お風呂の見た目が悪くなるだけでなく、素材が傷ついて汚れが溜まりやすくなることもあるので、注意が必要です。

浴室のお掃除におすすめの洗剤

ここからは、お風呂掃除に役立つおすすめの洗剤をご紹介いたします。用途や特徴を比べて、自分に合った洗剤を見つけましょう。

ルックプラス「バスタブクレンジング」

浴槽全体にスプレーしてから1分間待ち、シャワーで洗い流すだけでお風呂を掃除できる中性洗剤です。お風呂に汚れをこびりつかせる原因であるカルシウムを除去してくれるので、力を入れなくても浴槽がピカピカになります。

花王「バスマジックリン 泡立ちスプレー SUPER CLEAN」

独自開発の「マジック泡」が水あかや石けんカスなどの汚れを落とす中性洗剤です。消臭、除菌、防カビ効果を期待できるので、菌が原因のぬめりや黒カビの予防にも役立ちます。汚れが軽い場合は、気になる部分にスプレーしてから洗い流すだけで掃除できます。

ウタマロ「ウタマロ クリーナ−」

お風呂だけでなく、コンロやシンク、換気扇、サッシなどの汚れも落とせる住居用の中性洗剤です。肌や環境にやさしいアミノ酸系洗浄成分が配合されているので、敏感肌の人でも肌荒れの心配が少なく、素手で使えます。手軽にお風呂を掃除したい人におすすめです。

ミマススクリーンケア「緑の魔女 お風呂用洗剤」

頑固な水あかや石けんカス、ぬめり、皮脂汚れなどを簡単に落とせる中性洗剤です。植物系界面活性剤が使われていて肌への刺激が少ないので、毎日の掃除に使っても手荒れが起こりにくいでしょう。洗い流した後はパイプに付着している汚れも落としてくれます。

キンチョー「お風呂用ティンクル すすぎ節水タイプW」

お酢に含まれている酢酸とクエン酸で水あかや石けんカスなどの汚れを落とす酸性洗剤です。除菌成分が配合されているので、黒カビやぬめりの発生も防止できます。泡切れが良いので、すすぎ時間が短く、節水にも役立つでしょう。

きれい研究所「茂木和哉 水アカ洗剤」

頑固な水あかを落とすために作られた弱酸性の洗剤です。酸で汚れを浮かせて、研磨成分が汚れを取るので、他の洗剤では残ってしまう水あかをすっきりと落とせます。お風呂を傷つけない粒子が使われているため、浴槽だけでなく、浴室の鏡や蛇口などにも使用できます。

ジョンソン「カビキラー」

黒カビに効く塩素系洗剤です。強力浸透成分が配合されていて、カビの根を破壊してくれるので、こびりついた黒カビもきれいに落とせます。菌やバクテリアを除去する成分も配合されているため、嫌な臭いの発生も予防できるでしょう。

花王「強力カビハイター」

塩素系のスプレータイプのカビ取り洗剤です。泡の粘度が高いため、気になる黒カビに密着してカビの根まで撃退します。シャワーホースや壁、棚の下など、他の洗剤では落としにくい部分のカビもきれいにしてくれます。

PAX NATURON「お風呂洗いせっけん」

植物油を主成分とした環境や肌に優しい弱アルカリ性の洗剤です。オレンジの皮から搾り取られたオレンジオイルが使われているため、幅広い場所に安心して使えます。お風呂に使う場合は、汚れている部分にシャワーをかけてから洗剤をスプレーし、スポンジなどでこすり洗いしてください。

浴室用洗剤の代用品

浴室掃除をしようと思った時に洗剤を切らしていると、ついつい先延ばしになってしまうことがあります。浴室掃除は専用の掃除がなくてもできるので、手元に洗剤がない人は他のもので代用してみましょう。

台所用洗剤

毎日のお風呂掃除で使う浴室用洗剤がない場合は、食器洗い用の中性洗剤で代用できます。花王の「キュキュット」などの台所用洗剤は一般的な浴室用洗剤と成分が似ているので、浴槽や床が傷つく心配もありません。食器を洗う時のようにスポンジで泡立てた後、浴槽や床などを優しくこすり洗いすると、軽い汚れはきれいになるでしょう。

クエン酸

白いうろこのような水あかや石けんカスは酸性のクエン酸で落とせます。クエン酸を掃除に使う場合は、小さじ1程度のクエン酸粉末を200mlの水で溶かしたものを用意しましょう。水あかや石けんカスが気になる部分にキッチンペーパーを置いてその上からクエン酸水をスプレーし、ラップをかけて汚れとクエン酸を馴染ませます。約1時間放置した後、ラップやキッチンペーパーを取ってスポンジで軽くこすると、水あかや石けんカスを簡単に取れるでしょう。最後に、お湯や水で洗い流すと、ピカピカになります。

汚れがひどい場合は、放置時間を延ばしたり、クエン酸の濃度を濃くしたりするのがおすすめです。なお、クエン酸も塩素系洗剤と混ぜるのはやめましょう。酸性洗剤と同じように、換気をして使うのも大切です。

重曹

水に溶かすとアルカリ性になる重曹もお風呂掃除に使えます。皮脂汚れやぬめりなどは酸性なので、重曹を使うと、中和されてきれいになるでしょう。重曹は簡単に使えるのが魅力です。お風呂の残り湯に200g程度の重曹を入れてしばらく放置するだけでも、軽い汚れを落とせます。この時、重曹を入れた浴槽にお風呂用の椅子や洗面器を入れておくと、手間をかけずにお風呂グッズの掃除もできるでしょう。お湯を抜いた後、汚れが残っている場合は、スポンジなどで優しくこすり洗いしてからシャワーで重曹を洗い流してください。

壁や床の汚れは、重曹と水を3:1で混ぜたもので掃除します。汚い部分に重曹を塗って、ラップをかけて30分程度放置してから、スポンジで洗うと嫌なぬめりなどを落とせます。

排水口の汚れが気になる時は、粉末の重曹を振りかけた後、重曹水をスプレーしてから30分放置し、シャワーで洗い流してください。重曹には消臭効果も期待できるので、排水口特有の臭いが気になる時にもおすすめです。

なお、重曹には研磨作用があります。重曹を振りかけた後に金属たわしや硬いスポンジでゴシゴシと洗うとお風呂が傷ついて汚れが付きやすくなるので、注意してください。

まとめ

お風呂掃除では、気になる汚れを落とせる洗剤を選ぶことが大切です。今まで、こまめにお風呂掃除をしていてもピカピカにならなかった人は使用している洗剤を見直して、水あかやぬめり、黒カビなどを取りましょう。

汚れを落とせる洗剤で定期的に掃除していると、頑固な汚れが溜まらなくなるので、少しずつお風呂掃除が簡単になっていくでしょう。