リラックスするためにも、お風呂はピカピカにしておきたいです。とはいえ、お風呂は毎日利用するもので、湿気も多いため、お掃除しているつもりでも汚れが溜まることは珍しくありません

カビや水垢が発生した後に、気合を入れて浴室をお掃除してもなかなか汚れが落ちないと悩んでいる人も多いでしょう。そこで今回は、浴室の汚れをきれいに落とすお掃除方法についてご紹介いたします。

浴室の汚れの種類

浴室は家の中でも汚れやすい場所の一つ。知らない間にさまざまな汚れが溜まっています。まずは浴室の汚れの種類を確認しましょう。浴室の汚れは大きく「酸性の汚れ」「アルカリ性の汚れ」「カビ」の三種類に分けられます。

酸性の汚れ

酸性の汚れはシャンプーの残りかす、皮脂、手垢などです。主に低い場所に発生しやすく、床や壁のほかに浴槽内にも酸性の汚れが溜まることがあります。

アルカリ性の汚れ

アルカリ性の汚れは水垢や石けんカスなどです。特に、鏡や蛇口などに白い汚れがこびりついたように発生する水垢は落としにくく、洗っているつもりでもきれいにならないと多くの人を困らせています。アルカリ性の汚れは天井や壁から浴槽まで、さまざまな部分に発生します。

カビ

お風呂の汚れの中で最も気になるのがカビです。浴室は高温多湿でカビが繁殖しやすいため、毎日掃除をしていても、気づくとカビが溜まっていることは少なくありません。浴室内に発生するカビのほとんどは弱酸性ですが、カビは生きている菌なので、アルカリ洗剤でも落とせないことが多いです。

汚れに合った掃除が大切

浴室をピカピカにするためには、汚れに合ったお掃除が欠かせません。酸性やアルカリ性の汚れは反対の性質を持った洗剤で中和させて落とし、カビは除菌・殺菌作用のある洗剤で繁殖を防ぎましょう。

市販のお風呂用洗剤は中性が多いですが、中性洗剤は酸性やアルカリ性が強い頑固な汚れを落とせないので、汚れに悩んでいるなら洗剤を見直してみるのがおすすめです。

広告

浴室のお掃除方法

浴室内でも、場所によって溜まりやすい汚れの種類は異なります。汚れに合わない方法でお掃除しても浴室はピカピカにならないので、お風呂をきれいにしたい時は場所ごとにお掃除を行いましょう。

一気にすべての場所を掃除するのが難しい場合は、場所ごとに日を分けて少しずつお掃除を進めると、集中力や体力が切れません。

お掃除の頻度

浴室は汚れが蓄積されやすいため、お掃除はこまめに行いましょう。入浴中に汚れが気になる部分をスポンジやブラシでこすったり、入浴後に浴槽内へ重曹を入れたりすることを習慣づければ、頑固な汚れは付きにくいです。

毎日、浴室をお掃除することに加えて、半年から1年に1回程度、お風呂の大掃除を行うと、溜まった汚れやカビを落とせて、ピカピカなお風呂に入浴できます。

頑固な汚れのお掃除はプロに頼むのもあり

基本的なお風呂掃除は自分でできますが、子育て中の人や仕事が忙しい人などは徹底的なお掃除に時間を取れません。また、エプロンと呼ばれる浴槽の外側のパネルは浴室内で最も汚れが溜まりやすいと言われていますが、自分で掃除するのは難しいです。

お風呂を徹底的にきれいにしたい人や丁寧にお掃除する時間がない人はプロにお風呂掃除を依頼するのも一つの手段でしょう。プロによる浴室クリーニングの相場は約15,000円で、専用の洗剤などを使いながら約2時間程度かけてお風呂をお掃除してくれます。

壁・天井・床のお掃除方法

お風呂の壁や天井、床には、石けんカスや皮脂、ヌメリなどの汚れが溜まります。汚れに合ったお掃除で清潔な状態を保ちましょう。

壁のお掃除方法

お風呂の壁には石けんカスが付着しやすいです。石けんカスはほこりなどと石けんの化学成分が混じりあったもので、カビなどのエサになることもあるため、浴室を清潔に保つためには石けんカスを取りましょう。石けんカスを取りたい時は酸性の洗剤かクエン酸を使います。石けんカスに洗剤やクエン酸を吹き付けて汚れを浮かび上がらせた後に、お湯で洗い流してください。

なお、石けんカスは毎日、しっかりと洗い流して置けば溜まりません。浴室を利用した後、乾燥する前にお湯をかけて石けんを落とすことを習慣づけましょう。お湯で洗い流した後は、上から水をかけて浴室内の温度を下げ、カビの繁殖を防いでください。

天井のお掃除方法

浴室の天井にはカビが繁殖することが多いです。カビが発生すると、浴室全体に胞子が飛ぶので、こまめにお掃除して清潔な状態を保ちましょう。現在はきれいに見える場合でも、カビの発生段階である可能性もあるため、油断せずに天井掃除してください。

浴室の天井掃除には、クイックルワイパーのような長い柄が付いた掃除道具が便利です。アルコールなどを含ませたキッチンペーパーを掃除道具に取り付けて天井をふき取りましょう。たくさんカビが付いている時は、カビキラーなどを含ませたキッチンペーパーで天井を拭くのがおすすめです。なお、天井をお掃除する時は汚れが落ちてくることがあるので、マスクなどを着けると安心でしょう。

床のお掃除方法

床にはカビが発生しやすいので、お掃除にはカビ取り剤を使用します。カビ取り剤を振りかけた後、しばらく放置して汚れを浮き上がらせてからシャワーで流しましょう。カビが酷い場合は、深くまで根が張っているので、カビ取り剤を吹きかけてからラップで覆い、成分を浸透させてください。また、床には水垢も付着します。こびりついた水垢はなかなか落とせないので、研磨剤を古い歯ブラシなどに付けて、汚れをこすりましょう。

ただし、頻繁に研磨剤を使うと、床が傷んで水垢が付着しやすくなるので、研磨剤の使用は必要最低限にとどめることがおすすめです。

床にはものを置かない

シャンプーやボディーソープのボトルを浴室の床に置いている人がいますが、床にたくさんのものを置くのは避けた方が良いでしょう。床にものを置くと、汚れが付着したり、ヌメリが発生したりしやすいので、シャンプーやボディーソープはラックの上に置くのが浴室の床を清潔に保つポイントです。

関連記事:お風呂場の換気扇掃除のやり方

排水口のお掃除方法

浴室の排水口は汚れが溜まりやすい場所ですが、「汚くてお掃除する気にならない」という人も珍しくありません。しかし、長時間お掃除をさぼってしまうと、皮脂や人の垢、髪の毛などのほかにカビやヌメリなどが繁殖して、悪臭が放たれるようになることもあります。

気持ちよく入浴するためにも、浴室の排水口は頻繁に洗って清潔な状態を保ちましょう。排水口を掃除する時は、まず、トラップや目皿を外して髪の毛とほこりなどの汚れを取り除きます。その後、お風呂掃除用の中性洗剤と歯ブラシなどを使用して石けんカスや水垢などをこすり洗いしてください。

ヌメリが酷い場合のお掃除方法

ヌメリがひどく、汚れが固まってしまっている時は重曹とクエン酸でお掃除しましょう。重曹を排水口にかけた後に、クエン酸を振りかけて15〜30分程度待ちます。汚れが浮いたら、お湯で洗い流すと、ひどいヌメリも落ちているでしょう。ヌメリが気にならない場合でも、定期的に重曹とクエン酸でお掃除しておけば、臭いの発生を抑えられます。

髪が溜まっている時の対処方法

排水口に髪が溜まっていると、お掃除が億劫になるでしょう。髪が溜まって触りたくない時は強いアルカリ性の水酸化ナトリウムが配合された洗剤を使うのがおすすめです。水酸化ナトリウムは髪を溶かす性質を持っているため、排水口に洗剤を吹きかけてから放置すれば、髪が溶けてお掃除しやすくなるでしょう。

ただし、弱酸性の肌に強いアルカリ性の水酸化ナトリウムが付くと、肌が荒れたり、溶かされたりすることがあります。水酸化ナトリウム入りの洗剤を使う時は、必ずゴム手袋をして手を守りましょう。なお、水酸化ナトリウム入りの洗剤を使う時は酸性のクエン酸やお酢を同時に使うのはやめてください。

ヌメリの予防方法

日ごろからヌメリを予防しておけば、排水溝のお掃除が簡単になります。ヌメリを防ぎたい時は殺菌作用のある銅が含まれた10円玉と皮脂などを流すアルミホイルを置いておけば、菌の繁殖が抑えられてヌメリが発生しにくくなるでしょう。

アルミホイルや10円玉を置く場合は、お掃除の時に排水口へ落とさないように注意しなければなりません。アルミホイルや10円玉が排水口に落ちると、流れが悪くなってニオイやヌメリが発生するため、落とさないように注意しながら排水溝を開けましょう。

浴槽のお掃除方法

浴槽には水垢などのアルカリ性の汚れと皮脂や人の垢などの酸性の汚れが混在しています。そのため、浴槽のお掃除には一般的な中性洗剤を使うのがおすすめです。

浴槽を洗う時はまず、お湯をかけて皮脂などの汚れを浮かせ、その後に洗剤を振りかけてスポンジで汚れを取りましょう。汚れがひどい場合はスポンジでこすった後にしばらく放置してから洗い流すと、汚れが浮き上がります。

洗剤を流した後は、乾いたタオルなどで浴槽を拭いておくと、水垢やヌメリが付きにくくなります。こびりついた汚れをクリームクレンザーで落とす人もいますが、無理に汚れを削り取ると、浴槽が傷ついて汚れが溜まりやすくなることもあるので、注意が必要です。

入浴剤として重曹を使って汚れを予防

浴槽に汚れが付くのを防ぎたい時は毎日、入浴剤として重曹を使うのが良いでしょう。重曹は弱アルカリ性なので、皮脂などの酸性の汚れをつきにくくします。

美肌効果を期待できる温泉は弱アルカリ性が多いので、重曹を入れても肌に悪影響はないと考えられていますが、入れすぎないようにすれば安心です。目安としては、浴槽にはったお湯に対してひとつかみ程度の重曹を入れれば良いでしょう。

ドアのお掃除方法

浴室のドアにはさまざまな汚れが溜まります。通風口にはほこり、ゴムパッキンにはカビ、サッシには水垢が付きやすいので、できるだけ頻繁にお掃除をしましょう。

通風口のほこりは古い歯ブラシなどでこすり洗いして、水垢はお酢を付けた後にスポンジなどで落としてください。カビはカビ取り剤を付けた後に上からラップをかぶせて数分間放置し、その後に洗い流せば根本からきれいに落とせます。

石けんカスなどの汚れが付いている場合は、お風呂用の中性洗剤を使えば、ピカピカになるでしょう。

お風呂は皮脂や石けんカス、水垢、ヌメリ、カビなどのさまざまな汚れが発生します。場所に合った方法でこまめにお掃除して、きれいなお風呂をキープしましょう。