暖房を使っていても窓から冷気が入ってくると室内は暖まりません。なかなか室内が暖まらなければ、寒さを感じるだけでなく、エアコンのパワーが必要以上に消費されて電気代がかさみます。

また、サッシなどに隙間があると、暖かい空気も逃げていきます。実際、室内から出る熱の30~50%は窓から逃げているので、窓の冷気対策をすると室温が2度程度上昇することも珍しくありません。

そこで今回は寒い季節に役立つ窓の冷気対策についてご紹介いたします。あまりお金がかからない対策や簡単にできる対策もあるので、窓から感じる冷えに困っている人は参考にしてみてください。

カーテンを工夫する

カーテンは外から見られるのを防いだり、紫外線を遮ったりするためにも使われますが、室外から入り込む冷たい空気を遮断し、室内の暖かい空気を守る役割も持っています。窓の冷気対策に役立つカーテンの選び方について解説いたします。

長いカーテンを使う

一般的に、カーテンは床から1~2㎝程度浮く長さが理想だと考えられいます。これはカーテンが浮いているとほこりが溜まりにくく、掃除もしやすいからです。ところが、冬はカーテンが浮いていると、窓から冷気が入り込んで暖かい空気が逃げ出します。

そのため、寒い時期は床に擦れるくらいの長さのカーテンを使いましょう。窓と室内をカーテンで遮れば、窓から冷たい空気が入らず、暖まった空気も漏れません。

ただし、長めのカーテンは開閉の度にダメージを受けるため、破れたり傷ついたりしやすいです。床に付くカーテンを使用するなら、取り扱いには十分に注意してください。

断熱性の高いカーテンを使う

冬に使うカーテンは断熱効果の高いものを選びましょう。断熱カーテンは裏地が付いていたり、厚めの生地で作られていたりするカーテンで、暖かい空気を守る役割があります。

断熱カーテンを使っていると、室内の暖まった空気が窓に触れないため、結露ができにくく、冬場の窓掃除も簡単になるでしょう。さらに、断熱カーテンには防音効果も期待できるので、楽器を演奏するのが趣味な人や子供のいる家庭でも役立ちます。

なお、断熱カーテンは冬に適したカーテンですが、遮光性が高いものを選ぶと、夏にも使えます。夏はカーテンで日差しを予防すると、室内が涼しくなるでしょう。

視覚的に暖かく見せる

インテリアなどにこだわりがない場合、カーテンの色は赤やオレンジ、イエローなどの暖色を選ぶのがおすすめです。暖色は炎などをイメージするカラーで、ブルーなどの寒色と比べて心的な温度感が約3度上がると考えられています。

色の力を借りてポカポカとした暖かさを感じる部屋を作れば、エコにもつながるでしょう。

カーテンボックスを取り付ける

窓の下部と同じように窓の上部からも室内に冷気が入り込みます。窓の上部の冷気対策をしたい場合は、カーテンボックスを使うのがおすすめです。

カーテンボックスとは、カーテンレールを隠すボックスで、部屋の内側に出してインテリアのポイントにするタイプと天井に埋め込んで隠すタイプが存在します。天井に埋め込むタイプはすっきりとしていますが、建築中に取り付ける必要があるため、冷気対策では表に出すタイプを選びましょう。

カーテンボックスを取り付けると、窓の上部と室内を遮断できます。熱が逃げにくくなって侵入する冷気の量も減るため、冬でも室内が冷えにくいです。また、カーテンボックスには遮光性もあるため、夏の暑さ対策にも役立ってくれるでしょう。一人暮らしの場合、部屋の電気が点いたり、消えたりしていることがわかりにくいので、防犯にもなります。

ビニールカーテンを追加する

窓からの冷気を遮断したい場合は、ビニールカーテンを使うのも一つの手段です。窓とカーテンの間にビニールカーテンを取り付けると、熱が守られて冷気の侵入を防げます。

冷気対策でビニールカーテンを使う場合は、左右2枚に分かれているものではなく、1枚で窓を覆えるものを使うと、隙間ができず、効率的に熱を守れるでしょう。

サッシを埋める

窓とサッシの間に隙間があると、冷気が侵入し、すきま風が吹き込みます。また、隙間から暖かい空気が逃げれば、さらに室温が下がります。特に、2枚以上のガラス窓が違うレールに取り付けられた引き違い窓は構造上、隙間ができてしまいやすいです。

築年数が経過した建物は気密性を高めるゴムなどの部品が劣化して隙間が広がっていることが多いため、すきま風を感じたらサッシに冷気対策を施しましょう。

隙間テープを使う

簡単にサッシの隙間を埋めたい場合は、隙間テープを使うのがおすすめです。ほこりや汚れが付いているとテープがしっかりとくっつかないので、掃除をしてから隙間にテープを張りましょう。張り終わった後はスムーズに窓を開閉できるかチェックしておいてください。隙間を埋めると、花粉や砂ぼこりなども入り込みにくくなるため、アレルギーの予防にも効果を期待できます。

不要な新聞や布を使う

隙間テープを使わずにサッシを埋める方法もあります。古新聞や不要な布、タオル、スポンジなどをサッシと窓の隙間に埋めて冷気を遮断しましょう。小さな隙間でも風が吹き込んだり、熱が漏れたりするので、隙間の大きさや形に合わせて丁寧に新聞や布をカットするのがポイントです。隙間を埋め終わった後も冷気が入り込む場合は、他の隙間を探して埋めましょう。

断熱材を利用する

熱の移動や伝達を防ぐ断熱材も窓の冷気対策に役立ちます。窓に張り付けたり、立てかけたりして使うため、見た目はあまり良くありませんが、室内の暖かさを保つ力は強く、設置してから数分で効果を実感できることも多いです。

断熱シートを使う

断熱シートは屋外からの空気の侵入を防ぎ、室内の空気を守ります。冬は暖かく、夏はエアコンで冷やした冷たい空気を守れるので、一年中役立ってくれるでしょう。

さまざまなタイプが販売されていますが、DIYなどに慣れていない人には簡単に使える水貼タイプがおすすめです。水貼タイプの断熱シートを使うときは、あらかじめ窓を掃除してシートを窓の大きさに合わせてカットしておきます。

窓ガラスの表面にたっぷりと水を付けたら、隙間ができないように丁寧にシートを貼り付けましょう。途中でシートの粘着力が落ちたら、その都度水をスプレーして粘着力を高めてください。貼り終わった後に、すきま風が吹き込んでいなければOKです。

プチプチを使う

梱包の際に緩衝材として使われるプチプチも断熱効果に優れています。空気の層を作って冷たい空気が入り込むのを防ぎ、暖かい空気を守ってくれるため、窓に貼ると冬も快適に過ごせるでしょう。

梱包用のものでも問題ありませんが、100均やホームセンターでは窓の冷気対策専用のプチプチも販売されています。プチプチを窓に取り付けるときは突起がある面を窓に向けて両面テープなどで貼り付けます。両面テープの跡が残るのを防ぎたい場合は、窓と両面テープの間にメンディングテープを貼っておくと安心です。

スタイロフォームを使う

スタイロフォームという断熱材も窓の冷気対策に使えます。スタイロフォームはホームセンターなどで販売されていて、多くの場合は希望のサイズにカットしてもらえます。店頭で困らないように、あらかじめ窓のサイズを測っておくのがおすすめです。冷気対策として使用する場合は、再度からの冷気の侵入を防ぐため、窓枠の部分も覆えるサイズのスタイロフォームを使うのがポイントです。

スタイロフォームを取り付けるときはマグネットシートや両面テープが使えます。スタイロフォームは安価で断熱効果も高いですが、取り付けた後は窓の開閉が難しいので、開け閉めの回数が多い窓には使用しない方が良いでしょう。

プラスチック段ボールを使う

手間をかけずに窓の冷気対策をしたい場合は、プラスチック段ボールを使うのも一つの手段です。プラスチック段ボールを窓に立てかけると、冷気の侵入を予防して熱を守るので、窓の周りも冷えを感じにくいです。

また、室内の暖かい空気が窓に触れなくなるので、結露も予防できます。さらに、プラスチック段ボールは半透明なので、光が入ってくるのもメリットでしょう。

プラスチック段ボールは100均でも購入できますがサイズが小さいので、大きな窓に使用する場合はサイズを測ってホームセンターでカットしてもらってください。

段ボールを使う

一般的に使われている梱包用に段ボールも断熱材として利用できます。窓を隠すように段ボールを立てかければ、簡単に冷気を遮断できるでしょう。両面テープなどを使わずに窓に立てかけて使うと、跡が残らず、掃除などもしやすいです。

なお、段ボールに隙間があると、冷たい空気が入ってくるので、上面や底面はガムテープなどで隙間を隠しておいてください。

窓の下に暖房を置く

窓の冷気対策をしても十分に部屋が暖まらない場合は、窓専用の暖房器具を利用するのもおすすめです。窓とカーテンの間に置く暖房器具を設置すると、外から入り込んできた冷気が暖められてから室内を循環するので、部屋がポカポカと暖まります。

また、窓周辺の温度と室温に極端な差がなくなるため、結露が付きにくくなる効果も期待できるでしょう。

窓の冷気対策の注意点

隙間テープや断熱シートなどのグッズを用いて窓の冷気対策をした場合、時間の経過とともに効果が薄れてきます。また、サッシなどは築年数が経過すると、気密性を上げるために使われているゴムなどの素材が劣化して隙間が増えます。

対策をしていても窓から冷気を感じる場合は、グッズを取り替えたり、隙間を埋めたりして対策してください。テープなどで断熱材を取り付ける場合は、ほこりなどが付いていると粘着性が落ちたり、カビが発生したりするので、掃除で清潔にしてから使うのも大切です。

リフォームする

窓の冷気対策をしても寒さを感じる時は業者にリフォームを依頼するのも一つの手段です。費用はリフォーム会社や窓の大きさ、施工内容などによって変わりますが、安い場合は5万円程度から窓の冷気対策をしてもらえます。

二重窓

窓を二重にすることで空気の層を作り、室内の暖かさを守ります。雪国では昔から二重窓が使われています。

樹脂窓

熱を通しにくい塩化ビニール樹脂を窓枠に使ったのが樹脂窓です。断熱効果があり、室内の暖かい空気が逃げにくいです。

エコガラス

高い断熱効果を期待できるのがエコガラスです。二重窓と比べて薄いですが、リフォーム費用は他と比べて高い傾向にあります。

窓は冷気が侵入しやすく、暖かい空気も逃げやすい場所です。窓の周りが寒いと感じたり、すきま風が入ってきたりする場合は、カーテンを変えたり、隙間テープや断熱シートなどのグッズを使ったりして冷気対策しましょう。