キッチンの換気扇のお掃除、日ごろからきちんとお手入れをしていればそれほど掃除も苦にならないものです。ですが、ほとんどの方が年単位で放置して掃除をすると、その汚れのひどさと頑固さに苦労させられているのではないでしょうか。

そもそもキッチンの換気扇につく汚れとはどういったものなのでしょうか?汚れの原因を知ることでお掃除の方法も見えてきます。汚れの正体は何なのか、お掃除に必要なものや掃除の手順なども併せてご紹介いたします。

キッチンの換気扇につく汚れは?

キッチンの換気扇にはいろんな汚れがついていることは想像できるはずです。具体的にどういった汚れになるのかをご紹介いたします。

これはもうキッチン汚れの第1位といっても過言ではありません。揚げ物や炒め物などで油を使用することが多々あるはずです。換気扇は蒸気や煙などを吸い込んで排出してくれるものです。

油を使った料理をすると、その時に出る蒸気の中には蒸発した油が入っています。そのまま換気扇が吸い込むことで、蒸気に入っている油分が一気に冷やされて油になって換気扇にべったりとついていきます。

換気扇を掃除するときに、べたべた汚れが油によるものだということはわかっていても、

「まさかそんなに油って飛ぶの?」

と疑問を持たれていた方、その疑問は今解決されたはずです。油が直接そこまでとんでいるわけではなく、いったん蒸発したものが蒸気にのって換気扇まで飛んでいたのです。ご自宅で料理をする機会が多いご家庭は、油汚れがたまるスピードも速くなります。

ホコリ

キッチンにある換気扇ですが、キッチンでもどこでも目に見えないホコリは宙を舞っています。そこで換気扇のスイッチを入れれば、そのホコリは換気扇に吸い込まれていきます。吸い込まれていくホコリが、すでに換気扇に付着している油汚れにくっついてしまうので、ガンコな汚れとなってしまいます。

タバコのヤニ

キッチンでタバコを吸われる方がいます。よくお子様がいらっしゃるご家庭の親御さんは、キッチンの換気扇の下でタバコを吸割れているのではないでしょうか。ですが、そのタバコのヤニが換気扇を汚す一つの原因となっているのです。

換気扇の汚れを放置するとどうなる?

換気扇が汚れているのがわかっていても、特に掃除することもなく使い続けているとどういったことが起こるのでしょうか?一つずつ詳しくご紹介いたします。

電気代がかかる

エアコンなどもそうですが、お掃除をしないと電気代が上がると聞いたことがありませんか?それと同じことが換気扇にも言えるのです。

油やホコリなどで汚れが蓄積されることで、換気扇のファン部分に負担がかかってしまいます。この状態で使い続けるとなると、余計な力がかかるので電気代もその分アップしてしまうということになります。

サビる

油汚れはべっとりとしていて実は湿気が含まれています。この湿気を含んだ油汚れが放置されると、サビてくることがあります。そのままにしておくと、ファン部分が腐食し換気扇が故障してしまうということも起こりえます。

カビが繁殖する

油汚れが付着している換気扇は、温度や湿度、さらにカビの栄養となる油汚れが豊富にあり、繁殖するのに最適の場所となります。カビだけでなく、雑菌の繁殖にも適した環境が作られてしまいます。

十分な換気ができなくなる

換気扇の油汚れがたまることでファン部分にそれだけ負担がかかっていきます。当然吸引力が落ち、しっかりと十分な換気ができなくなります。料理中にでた蒸発した油が含まれている蒸気が吸引しきれず、その分がどんどんお部屋に広がっていきます。それが毎日積み重ねられると、お部屋のあちこちに油汚れが付着するということになります。

広告

キッチンの換気扇掃除に必要なもの

換気扇掃除に必要な物は以下の通りになります。

  • 45リットルのごみ袋2枚(厚手のものがよい)
  • 新聞紙
  • スポンジ
  • 使い古しの歯ブラシ
  • 割りばし
  • ゴム手袋
  • ビニール手袋
  • マスク
  • 洗剤(重曹・セスキ炭酸ソーダ・業務用油汚れ用洗剤など)
  • スポンジ
  • 雑巾
  • ドライバー

洗剤ですが、換気扇は油汚れの度合いによって洗剤を変える必要があります。重曹が一番良いように思われがちですが、重曹で落とせる油汚れはそれほどひどくはないものだけです。黒っぽくなってしまっているガンコな汚れはセスキ炭酸ソーダや業務用の洗剤の方が落とせる可能性が高いです。

よく油汚れ落としに使用される「マジックリン」などを選びたくなるところですが、換気扇のガンコな油汚れはマジックリンでも歯が立たないことがあります。年単位で換気扇掃除をしていないなら、最初からセスキ炭酸ソーダなどを選ぶのが良いでしょう。

手袋を2種類用意するのは、換気扇の部品を外す時にごついゴム手袋だと作業がしにくいことがあります。取り外しの際は薄手のビニール製の手袋がおすすめです。洗剤で汚れを落としていくときにゴム手袋を使います。

ドライバーは、換気扇によって部品を外す際に必要になることがあります。念のため用意しておくことをおすすめします。

キッチンの換気扇掃除のやり方

換気扇掃除を自分で行う場合のやり方(手順)を詳しくご紹介いたします。

コンセントを抜く

お掃除の最中に誤って電源が入ってしまうと非常に危険です。コンセントを抜く、またはもっと安全な方法としては、ブレーカーを落としてしまうのがおすすめです。分電盤に「換気扇」と明記されている所だけを落とせばOKです。

養生する

換気扇の下にはガスコンロがあります。そこに油汚れやほこりが落ちることがありますので、新聞紙などを引いて汚れないようにします。ガラストップコンロをお使いのご家庭は、部品を外すときに誤って落としてしまいガラスを割ってしまったりすることもあります。そういった時のことも考え、コンロの上にまずクッションとなるようなものを敷いてから新聞紙を敷くようにしましょう。

また、周りの壁などに洗剤などがかかったりしないよう、新聞紙を張り付けておきます。

フィルターを外します

まずは換気扇のフィルターを外してください。簡単に外せるものもあれば、ねじ止めされているものもあります。ねじ止めされているものはドライバーを使って外してください。外したねじはなくさないようにしましょう。フィルターは新聞紙の上に置いておきます。

ファンを外す

ファンを固定している円形のカバーがあればそれを先に外します。そのあとファンを外していきます。ファンは中央にねじがついており、それを回せば緩んで外すことができます。見た目なかなかはずれそうにありませんが、このねじをはずせば簡単に取り外すことができます。

ファンを取り外す際、油汚れがたくさんついているので非常に滑りやすくなっています。落としてしまうと周囲に油汚れが飛び散りますので注意してください。

洗剤に浸け置きする

ゴミ袋2枚を重ね、そこにファンを入れます。さらにそこに50度くらいの熱いお湯をファンが浸る程度入れてから洗剤を入れ20分くらい放置します。これで汚れを浮き上がらせます。

レンジフードの掃除

浸け置きしている間にレンジフード部分を掃除します。セスキ炭酸ソーダのスプレーを使って洗剤を吹きかけ、汚れをふき取ってください。ガンコな部分は場所によってスポンジや使い古しの歯ブラシを使って汚れを落としてください。

ファンの内部の汚れも落とします。プロではないので完璧に取ることはできないかもしれませんが、ある程度は落とすことができます。この部分の汚れがきれいにならないからといって故障したりすることはありません。できる範囲で落としていきましょう。

フィルターの掃除

フィルターに直接洗剤を吹き付けてスポンジなどで汚れを落としてください。重曹を使う場合は、新聞紙を広げたところにフィルターを置いて、その上にまんべんなく重曹を振りかけます。少し厚めにかけておいて2〜3時間程度放置します。

その後歯ブラシなどこするとするっと汚れが落とせます。あとはしっかり洗い流してください。

ファンの掃除の仕上げ

浸け置きしておいたファンを取り出して、使い古しの歯ブラシやスポンジを使って油汚れを落としていきます。もし取りにくければ洗剤を吹き付ければ落としやすくなります。その後しっかり水ですすいで水分を雑巾でふき取ります。

取り付け

ファンを取り付けて、しっかりとねじを止めます。フィルターなども取り付けましょう。最後に必ずきちんと動くか確認もしておいてください。

以上が換気扇掃除のやり方になります。実際にお掃除をしている動画がありますので、参考になさってください。


どれくらいの頻度で掃除すべきか

換気扇掃除は年末にする程度という方も多いと思いますが、ガンコな油汚れ落としを少しでもラクにできるのが、気温の高い夏場です。夏場は気温が高いので、浸け置きするお湯の温度も冬場と比較すると長く保つことができます。

年に一度しか掃除をしない方は、年末ではなく夏場に大掃除してあげることをおすすめします。季節ごとに行うと、汚れもそれほど蓄積されていないので、お掃除もラクに済ませることができます。

換気扇の中のファンのお掃除は半年か年に1度のお掃除でもよいですが、フィルターやレンジフードなどは、定期的に掃除してあげることをおすすめします。

注意点

換気扇掃除をするにあたって、いくつか注意点があります。

洗剤が目に入らないよう注意

レンジフードは高い位置にあります。脚立を使っての作業でも、内部を掃除する際にスプレーなどを使っているとどうしても目に入ってしまうことがあります。直接スプレーするよりも、布などに洗剤をしみこませてそれでふき取るようにしましょう。

塗装はがれ

汚れを長期間放置してからの掃除の場合、塗装をはがしてしまう恐れがあります。まずは目立たないところで洗剤を使ってみて塗装はがれがないかチェックしておきましょう。また、洗剤をつけて長時間置かないようにしてください。

取り扱い説明書をしっかり読む

換気扇は機種によっておお手入れの方法にも違いがあります。使ってはいけない洗剤などがあったりもしますので、掃除前に必ず取り扱い説明書をしっかりと呼んで、お手入れの仕方を確認しておいてください。

換気扇の汚れは放置する時間が長いほど落としにくくなっていきます。できるだけ定期的にきれいにしてあげるようにしてください。あまりに汚れがひどすぎてどうしようもないといった場合は、業者に依頼をして一度プロにきれいにしてもらってください。

いったんピカピカにしてもらってから、その後のお手入れは自分でこまめにしっかりとしていくようにしましょう。