カラッと晴れた日に干す洗濯物は、とても気持ちが良いですね。紫外線に当てることで殺菌効果も得られ、清潔さも加わります。

ところが雨の日が続くと…部屋の中で乾かす洗濯物はなかなか乾かないどころか、いやな臭いまで発してしまいます。これではせっかく洗った洗濯物が台無しです。

そこで今回は、ちょっとした工夫でできる洗濯物の部屋干しのコツをご紹介します。いやな部屋干しの臭いを防いで、気持ちよく乾かしましょう。

部屋干しの臭いの原因は?

洗濯物を外に干して太陽の光や風に当てると、とても気持ちよく乾きます。嫌な臭いもありません。これは紫外線によって臭いのもとになる菌が殺菌されるため、また、短時間で乾くので菌の繁殖が起こりにくいためです。

反対に部屋干しの洗濯物は乾くのに時間がかかり、濡れた状態が長く続きます。菌は湿った場所を好むので、部屋干しは菌が繁殖しやすいのです。

臭いの元になる菌の一つが、人の皮膚に存在する「表皮ブドウ球菌」です。洗濯で落としきれなかった表皮ブドウ球菌等がジメジメした部屋干しにより増殖したり、洗いあがった洗濯物に残った人の皮膚やアカをエサにして表皮ブドウ球菌がさらに繁殖することで、あの嫌なにおいを発生させるのです。

つまり部屋干しで臭いを発生させないためには、洗濯についた皮脂汚れなどをキレイに落とすこと、そして洗濯し終わったらなるべく早く乾かすことが大切なのです。

広告

臭いを防ぐ洗い方

臭いの元になる皮脂汚れ等を、しっかり洗い落とす方法をご紹介します。

酸素系漂白剤を利用する

強いアルカリ性を示す酸素系漂白剤は、たんぱく質の汚れに対して非常に有効です。酸素系漂白剤、もしくは過炭酸ナトリウムの名称で販売されており、約40度のぬるま湯に溶かして洗濯をします。皮脂汚れなども成分はたんぱく質なので、しっかりと洗い落とすことができます。

つけ置きする

洗濯機のつけ置きコースを利用して洗濯物をつけ置きしてから洗濯をすると、いつもより汚れを落とすことができます。臭いの元菌も減るので、臭い対策に有効です。

部屋干し用の洗剤・柔軟剤

部屋干し用の洗剤や柔軟剤は洗濯による除菌効果を上げ、消臭や芳香効果で臭いの発生を抑える働きをします。天日干しができる日とできない日で、使い分けるといいですね。

残り湯の利用法

お風呂の残り湯を洗濯水に利用されている方、たくさんいらっしゃいますよね。エコですし水道代を節約できる、またお湯で洗うことで洗浄力が増すなど、メリットが多いおススメの洗濯方法です。

しかし、おふろの残り湯には臭いの原因になる菌や、菌の繁殖を助ける皮脂などがたくさん含まれています。おふろの残り湯は洗いの時のみ利用し、水道水からのキレイな水ですすぎをするようにしてください。

洗い終わったらすぐに取り出す

洗い終わった洗濯物は、すぐに洗濯機から取り出しましょう。湿気だらけの洗濯槽の中に閉じ込めた状態で放置しておくと、雑菌が繁殖してしまいます。他の家事をしていたり、電話中だったりと手の取れない時もありますが、せめてふたを開けておくなどして、手が空いたらすぐに取り出しましょう。

臭いを防ぐ干し方

干し方でも、臭いを防ぐ工夫ができます。天日干しには劣りますが、臭いの元になる菌の繁殖をおさえる干し方をご紹介します。

間隔をあけて干す

洗濯物を乾かすためには乾いた空気が必要です。乾いた空気が洗濯物の水分を奪い、洗濯物が乾きます。そのため詰めて干すと、洗濯物の周りには水分を含んだ空気のみになってしまい、これでは洗濯物が乾きません。また洗濯物同士だけでなく壁や家具などの近くに干すと、やはり空気の流れが悪いので洗濯物が乾きにくいです。洗濯物を干すときは、空気が間を流れることができるように間隔をあけて干すようにしましょう。

風を当てる

ただ干すだけでなく風を当てることで洗濯物の乾き方が早くなります。扇風機やサーキュレーターなどを利用して風をおこしましょう。ポイントは洗濯物の周りの空気を動かすことです。強い風力で1か所に風を当てるのではなく、弱くてもいいので首振り機能を利用して、洗濯物全体に風を当てるようにすると乾きが早くなります。

乾燥機を利用する

ドラム式洗濯機は乾燥機がついている機種が多いですね。また乾燥機のみの機械をお持ちの方もいらっしゃると思います。洗濯物が乾きづらそうだと感じたら、ぜひ利用しましょう。素早く乾燥することで雑菌の繁殖を抑えることができますよ。またガス式の乾燥機は高温短時間で衣類を乾燥させますが、この温度で天日干しと同じくらい、洗濯物についている雑菌を減らすことができます。

またコインランドリーなら乾燥機を持っていない人、設置できない人でも気軽に乾燥機を利用できます。濡れた洗濯物がたまった時は、ぜひ乾燥機を利用してください。

臭いを防ぐその他の方法

洗い方、干し方以外の、洗濯物の臭い防止法をご紹介します。

汚れた洗濯物をため込まない

汚れた洗濯物を洗濯カゴに長時間放置すると、衣類についている菌が繁殖してしまいます。汚れた洗濯物やタオルを湿ったままかご等に入れておかないように、また長期間放置しないようにしましょう。乾いている衣類は通気性のいいかごに入れ、湿っているタオルは干しておくようにすると菌が繁殖しにくいです。

洗濯機の掃除

洗濯機の掃除をしていますか?洗濯機の内側、洗濯槽は汚れやすく、雑菌が繁殖しやすい場所です。いくら抗菌の洗剤を利用しても、肝心の洗濯槽が雑菌でいっぱいなら効果も弱くなってしまいます。

洗濯槽のそうじには、専用の「洗濯槽クリーナー」を使いましょう。また、「臭いを防ぐ洗い方」で紹介した「酸素系漂白剤」も、洗濯槽の掃除におススメです。お湯10Lにつき、100gの酸素系漂白剤を溶かして2.3分洗濯槽を「洗い」で回します。そのまま1時間放置後ふたを開けて、お風呂で利用する湯船のごみ取り網で洗濯槽に浮かんだゴミを取り除いてください。その後排水と脱水、一度水ですすいで排水と脱水をすれば完了です。

ぬれた洗濯物にアイロン

洗濯機から取り出した衣類に軽くアイロンを当てます。熱で雑菌を減らす効果と、水分が蒸発して乾き方が早くなる効果があります。乾燥機をお持ちでない方にお勧めです。

ぬれた洗濯物にアルコールスプレー

洗濯機から取り出した洗濯物にアルコールスプレーをかけると菌を減らすことができます。アルコールスプレーは販売されている「アルコール除菌スプレー」を利用しても良いですし、消毒用エタノールを同量の水道水で薄めたものを利用しても良いです。後者の場合はアルコールが利用可能な霧吹きをご利用ください。

洗濯をしてきれいになったはずの衣類から臭いにおいがすると、気持ちが晴れませんね。今回ご紹介した方法で、ぜひ、部屋干しでもすっきりした洗濯物に仕上げてください。