梅雨時期や冬など、洗濯物が乾きにくい時期にだけ部屋干しするというだけでなく、花粉やPM2.5などを防ぐため、また共働きで明るい内に洗濯物を取り込めないといった理由から、部屋干しにする人が増えています。ただ部屋干しにすると、外で干すのとは違い、なかなか乾きませんし、臭いも発生してしまいます。明日どうしても必要な子供の体操服など、ピンポイントですぐに乾かしたい時など、有効な方法はあるのでしょうか。そこで今回は、部屋干しで素早く乾かす方法について、詳しくご紹介します。

押さえておきたいポイント

外に洗濯物を乾かすと、早く乾きます。ただしそれは晴れている日ですよね。曇っている日や気温の低い日などは、朝干して夕方に取り込んでもしっかり乾いていないということがあります。このように、洗濯物がしっかり乾くためにはポイントがあります。

湿度が低いこと

雨が降り続く梅雨時期などは湿度が高く、なかなか洗濯物の水分が蒸発しません。特に湿度が60%以上になると、カビや雑菌が増殖しやすい条件になってしまいますので、これが部屋干しの洗濯物の臭いの原因となります。

温度が高いこと

夏など気温が高い時に洗濯物が良く乾くのは、温度が高い分洗濯物に含まれている水分が蒸発しやすいことが挙げられます。夏場は部屋の中も温度が高いので、部屋干しにしていてもすぐ乾きやすく、臭いもほとんど発生しません

風通しがよいこと

締め切った部屋では、空気が動くことがなくよどんでしまいます。そのため洗濯物同士の間に風が通らず、なかなか乾きません。外に干すと乾きやすいのは、空気が常に流れていることも大きく関係しています。

つまり部屋干しで早く乾かすためには、乾きやすい外の環境に近い状態を、部屋の中にも作り出すことが必要となります。ちなみに洗濯物を干してから雑菌が繁殖するまでの時間は5時間。それまでに乾かすことができれば、あの嫌な臭いを防ぐことができるのです。

広告

部屋干しをする際に、できるだけ外の乾きやすい環境にすることが必要ですが、ポイントとなるのは干し方を工夫する、部屋の温度や湿度を調節すること。そして、洗濯物の水分を減らし、風通し良くすることです。

早く乾かす干し方の工夫

間隔を空けて干す

洗濯物がしっかり乾かない日が続いた場合、干す場所も限られてしまい、洗濯物同士に隙間のない状態で干すことがあります。そうなると風通しが悪くなり、なかなか乾きません。干す場合には洗濯物同士の間を空けましょう。5cm以上は空けるのがベストです。

洗濯物はアーチ型になるように干す

ピンチハンガーなどを使う場合は、両端に長いもの、段々と中央に向かって小物を干す、アーチ型ができるように干すのがおすすめです。風が通りやすくなり、風の当たる場所が増えるため、乾きやすくなります。物干し棒などにバスタオルなどを直接かける場合、片方を短くして長く垂らすようにすると、風が当たる面積が増えるので乾きやすくなります。

ハンガーは太いものを使う

針金ハンガーなど、細いものを使うと、布地同士がくっつきやすくなり、風が通りません。太いハンガーに干して、生地の間に風が通りやすくなるようにしましょう。

Gパンやパンツなどは輪になるように干す

ハンガーにかける洗濯物と同じく、Gパンやパンツも布地が重なるように干すと風が通らないので、小さめのピンチハンガーで、履いている時と同じように立体的に干しましょう。そして乾きにくいポケット部分を早く干すために、裏返して干すのがコツです。

フード付きの上着は逆さまに干す

フード付きの上着は、どうしてもフードの部分が重なってしまい、乾きにくい部分ができてしまいます。この場合は前を留めて、逆さまの状態で干すようにしましょう。

部屋の温度や湿度に注意する

部屋干しをする場合は、干す場所にも注意が必要です。窓際や壁際、カーテンレールにかけて干すといったことをすると、風通しが悪くなるだけでなく、湿気がこもりやすくなります。さらに壁やカーテンなどには付着している汚れがあるため、それが洗濯物について、さらに悪臭を起こす原因となります。また日があまり差さない部屋での部屋干しもやめましょう。

風通しを良くする

天気や気候によっては、湿気が多いということもありますので、部屋干しの際には風通しを良くするためにも、サーキュレーターや扇風機、エアコンなどを活用しましょう。換気扇を回すのも効果的です。また部屋の窓を閉め切っていると、湿気の逃げ場がなくなるため乾きにくくなります。除湿機を使うと湿気が早く取れますので、合わせて使うのがおすすめです。

お風呂場を利用する

サンルームがある家ではもちろんそちらがベストです。ない場合は、干す場所としてお風呂場もおすすめです。それほど広くなく、換気扇もついているので、換気扇を回しながら扇風機の風を当てることで早く乾きます。ただし、あまりたくさんは干せませんので、必要な分だけをお風呂場で、他の物はエアコンのある部屋で干すといった風に分けるのがいいでしょう。

洗濯物の水分を減らす

脱水を2回する

脱水を2回してなるべく洗濯物自体の水分を減らすのも、乾きやすくなるのでおすすめです。ただし生地によってはシワがひどくなったり、生地を傷めることもあるので、注意が必要です。

アイロンをかける

ワイシャツなど後でアイロンをかける必要のあるものなどは、湿った状態でアイロンをかけるとシワが伸びやすく早く乾きます。またそれほど厚手のものではないシャツやトレーナーなどもアイロンを先にかけて水分を減らすと早く乾くのでおすすめです。ただし、生地の中には、アイロンを避けるべきものがあるので、事前にチェックしましょう。

除湿機を使う

除湿機を洗濯物の近くで使うことで、洗濯物に含まれる水分も一緒に取ってくれます。その結果、洗濯物が乾きやすくなり、部屋干しでも臭いが発生しにくくなります。

気になる臭いを軽減するためには?

部屋干しをしているとどうしても気になる臭い。軽減するためには以下の方法を試しましょう。

柔軟剤を使う

柔軟剤には除菌や消臭の効果の他、早く乾く速乾成分が配合されているものがあります。すすぎの時に使用して、臭いの原因を取り除きましょう。

洗濯が終わったらすぐに干す

生乾きの状態で置いておくと、雑菌がつきやすくさらに増殖しやすくなります。洗濯が終わったらすばやく干しましょう。

すすぎは水道水を使う

節水のためにも、すすぎの際、お風呂の残り湯を使うという人もいますが、洗濯物に雑菌がつきやすく臭いの原因となります。すすぎの際には水道水を使い、雑菌を洗い流すようにしましょう。

洗剤や柔軟剤は使用量を守る

洗剤や柔軟剤には、殺菌や消臭、速乾の成分が配合されていますが、多く使ったからといって効果がアップするわけではありません。逆に多く使うことで臭いの原因ともなってしまうので、使用量を守って使いましょう。

洗濯は量にも注意する

たくさんの洗濯物を一度に洗うことも、臭いの原因になります。洗える量の7割から8割程度の量で洗うことで、臭いの元になる汚れがしっかり落とせます。

また部屋干しにして、乾いたらそのままにしておかないことも大切です。部屋干しの場合、壁や天井、カーテンなどについた臭いや汚れが洗濯物に再付着してしまうので、乾いたら早めに片付けましょう。

どうしても乾かない時は?

梅雨時や冬の天気が悪い日が続くと、どうしても部屋干しでも乾かないといったことが起きてしまいます。そういった場合、早く乾かしましょう。

コインランドリーを使う

お金はかかりますが、大量の洗濯物をしっかり乾かせる大容量の乾燥機があるので、なかなか乾かない時には利用しましょう。シーツや毛布などの大物も洗ってしっかり乾かせるので、衣替えの時にも便利です。

即席の乾燥機で乾かす

服やハンガーがすっぽり入るぐらいのビニール袋に、乾かしたい服を入れます。ビニールが広がらないよう手で押さえながら、下の口からドライヤーをいれ、まんべんなく風を当てて乾かします。すぐに乾かした衣服が1、2枚の時におすすめの方法です。ただし一カ所に風が当たると焦がすことになるので、注意しながら風を当てましょう。

部屋干しを続けていると洗濯物がたまりがちになってしまいます。できるだけため込まないよう、短時間で洗濯物を干すことが臭い防止にもなります。ぜひ、今回紹介した方法を試してみてくださいね。