お料理が苦手な人でも簡単に魚を焼けるグリルは便利な調理器具です。しかし、魚焼きグリルを使った後は、魚がこびりついたり、油がギトギトになったりして、掃除が大変なので、グリルを使わないという人も珍しくありません。

魚はグリルを使わなくても、フライパンやとオーブンで焼けるので、大きな問題はないと感じている人もいるでしょう。ところが、フライパンやオーブンで魚を焼くと、おいしそうに見えなかったり、中まで火が通らなかったりと困ることもあります。

簡単においしく魚を焼きたい時は、魚焼きグリルをできるだけ汚さない焼き方を試してみてください。極力汚さずに魚焼きグリルを使えば、自宅でおいしい魚を食べられて、後片付けも簡単です。

魚焼きグリルの種類

魚焼きグリルには、いくつかの種類があることはあまり知られていません。まずは、自宅の魚焼きグリルの種類を確認してください。

水あり片面焼きグリル

水あり片面焼きタイプは最も一般的な魚焼きグリルのタイプです。水を入れて使い、途中でひっくり返す必要があるので、手間はかかりますが、価格は安い傾向にあります。なお、水あり片面焼きタイプのグリルを使う際に、水を入れ忘れると、発火する危険性もあります。魚を焼く時は必ず、水が入っているか確認してください。

水なし片面焼きグリル

水なし片面焼きタイプは水を入れずに使える魚焼きグリルです。魚を焼き終わった後、後片付けの時に水をこぼしてしまう心配がないので、水あり片面焼きタイプと比べて簡単に使えます。ただし、水なしでも片面焼きタイプの場合は、片面にしか火が通らないので、焼いている間に魚をひっくり返さなければなりません。

水なし両面焼きグリル

水なし両面焼きグリルは最も手間がかからない魚焼きグリルです。水を入れる必要がなく、一度魚をコンロに入れれば、焼きあがるまでひっくり返す必要がないので、簡単に使えます。また、両面焼きグリルは一度に両面を焼けるため、調理時間を短縮できることもメリットです。

その一方で、水なし両面焼きグリルは他のタイプと比べて、魚がくっつきやすいことがデメリットでしょう。また、他のタイプと比べて価格が高いので、水なし両面焼きグリルの普及率は低いです。

広告

汚さないように使う方法は?

魚焼きグリルにはさまざまなタイプがありますが、どのタイプのグリルも魚がグリルにくっついたり、調理後時間が経つと油でギトギトになったりします。できるだけ、グリルを汚さずに魚を焼くためにはどうすれば良いのでしょうか。簡単な方法を解説いたします。

温めてから魚を焼く

どのタイプの魚焼きグリルを使う場合も、魚をグリルに入れるのは、グリルの内部が温まった後にしましょう。魚を入れる前に5分程度余熱をしておくと、魚がグリルにこびりつきにくくなります。魚がグリルにくっつかなければ、料理の見た目も良くなるので、おいしそうに見えることもメリットです。

また、グリルだけでなく、魚の温度にも、気をつけましょう。冷凍の魚をそのままグリルに入れると、こびりついてしまいます。冷凍の魚を焼きたい時は、多少時間がかかっても、常温に戻してから、温まったグリルに入れて焼くのがおすすめです。

アルミホイルを敷く

グリルの上にアルミホイルを敷いてから、魚を乗せると、魚がグリルにくっつきにくくなります。魚を焼いた後は、アルミホイルを捨てるだけで掃除が終わるので、後片付けに手間もかかりません。

また、アルミホイルを敷くと、小さな魚も焼きやすくなります。ししゃもなどの魚は網から落ちてしまいそうになりますが、網の上にアルミホイルを置けば、小さい魚を焼くのも簡単です。

水なし魚焼きグリルを使っている場合は、トレイ部分にアルミホイルを敷くのも良いと思います。魚を焼いて洗い終わったら、すぐにアルミホイルをセットしておくと、いつでも魚を焼けます。

アルミホイルを使う時の注意点

アルミホイルを使う時は、引火に注意しましょう。アルミホイルの上で脂ののった魚を焼くと、引火する可能性があります。脂ののった魚を焼くときは、アルミホイルに穴を開けて、脂が落ちるようにしておけば、引火を防げます。

また、アルミホイルの上で魚を焼くときは、魚がアルミホイルにくっつかないように注意することも大切です。アルミホイルに魚がくっつく場合は魚焼きグリル専用や片面にフッ素加工が施されたアルミホイルを使えば、綺麗な見た目の魚を焼けます。

片栗粉を入れる

魚焼きグリルに水を入れる時に、大さじ3程度の片栗粉を入れておくのもおすすめです。あらかじめ、グリルに片栗粉を入れておくと、魚から落ちた油分と片栗粉が反応して、ゼリー状になります。ゼリー状になれば、スプーンで剥がすだけで魚焼きグリルの見た目が綺麗になるでしょう。

重曹を入れる

掃除に使われている重曹も魚焼きグリルをできるだけ汚したくない時に便利です。魚を焼く前に、水の中に重曹を入れておけば、重曹が油を吸い取ってくれるので、後片付けが簡単に終わります。また、重曹は魚を焼き終わった後に使える点も便利です。魚をグリルから取り出したら、グリルが温かいうちに重曹を振りかけておくと、油が重曹に吸収されます。ご飯を食べ終わってから掃除をすれば、重曹が油と馴染んでいるので、スムーズに汚れを落とせて、掃除が簡単に済むでしょう。

お米のとぎ汁を入れる

水あり魚焼きグリルを使っている人は、魚を焼くときにお米のとぎ汁を入れるのも効果的です。お米のとぎ汁を入れると、でんぷんが魚の油を包み込んでくれるので、魚や油がグリルにこびりつきにくくなります。お米のとぎ汁はご飯を炊く時に出るものなので、事前に準備をしなくても使えるのがメリットです。

専用グッズを使う

魚焼きグリルの汚れを不便に思っている人は多いので、最近は魚焼きグリルの汚れを軽減してくれる専用アイテムが数多く販売されています。手間をかけずにグリルで魚をおいしく焼きたい人は専用グッズを試してみるのも良いでしょう。

受け皿シート

水の代わりに受け皿に入れて使うグッズです。油を吸い取ってくれるので、片付けを簡単に済ませられます。燃えにくい素材でできているため、安全性も高いですが、頻繁に魚を食べる人はコスパが気になるかもしれません。また、網は汚れてしまうので、魚が網にこびりついて困っている人は違う方法で汚れ対策するのがおすすめです。

グリルストーン

水の代わりに受け皿に入れて使う石です。油や水分を吸収してくれるため、トレイの片付けが簡単に済みます。また、100均などで購入できて繰り返し使えるため、コスパが良く、毎日魚を食べる人でも、出費を抑えられることもメリットです。ただし、グリルストーンも網の汚れには対応できません。

グリル用トレイ

網の上に乗せて使うグッズです。魚はグリル用トレイの上に乗せて焼くので、グリルは汚れず、後片付けが簡単です。デザイン性の高いグリル用トレイはそのまま食卓に出せるため、お皿の洗い物を減らせることも魅力です。

気になるニオイへの対処法は?

グリルで魚を焼いた後は見た目が綺麗になっても、臭いが残っていることが珍しくありません。魚焼きグリルの臭いが気になる時は次の方法を試してみましょう。

コーヒー豆を入れる

受け皿にコーヒー豆を入れて5分程度加熱すると、魚の臭いが気にならなくなります。コーヒーを入れて加熱する方法もありますが、脱臭力はコーヒー豆の方が高いので、臭いがきつく残っている時はコーヒー豆を加熱するのがおすすめです。

お茶を入れる

消臭作用のあるお茶を受け皿に入れて温めるのもおすすめです。濃いめのお茶を受け皿に入れて沸騰させると、グリル内にお茶の香りが広がり、魚臭さを消してくれます。お茶の香りは数時間程度で消えてくれるので、次に魚を焼く時に影響することはありません。

お酢を振りかける

簡単に魚の臭いを消したい時は使用後のグリルにお酢を振りかけるのもおすすめです。ただし、お酢を振りかけた後は、しばらくの間、お酢の臭いがグリルに残ります。お酢が苦手な人は他の方法を試してみる方が良いでしょう。

グリルでおいしい魚を焼こう

グリルは簡単においしい魚を焼ける便利な調理器具です。

「後片付けが面倒」と使うのを避けている人も多いですが、簡単な対策で汚れを予防できるので、自宅でおいしい魚を食べたい人は今回ご紹介した対策を試してみてください。