毎日使っているカーペットには、気づかない間に汚れが溜まっていることが多いです。頻繁に掃除をしていても、髪やほこりがカーペットに入り込んで取れなかったり、飲み物などをこぼして汚れが目立ったりすることも少なくありません。

そこで今回は、カーペットの掃除方法についてご紹介いたします。

ダニに気をつける

人が住んでいるところには、必ずと言っていいほどダニがいますが、カーペットは特にダニが集まりやすいところです。カーペットでダニが繁殖すると、皮膚炎や喘息などのアレルギー症状が起こったり、吸血されてかゆくなったりすることがあります。

カーペットではダニが繁殖しやすい

ダニは垢やフケ、ほこり、食べこぼしなどをエサとしてどんどんと繁殖します。そのため、存在がわからなくても、人が暮らす家にはたくさんのダニがいる可能性が高いです。特に、ダニは気温20〜30度、湿度60〜80%の高温多湿の環境で活動が活発化します。カーペットは部屋の他の部分と比べて暖かく、湿気やほこり、食べこぼしなどが溜まりやすいので、ダニの温床となることが多いのです。

家にいるダニの種類

家に生息しているダニは約40種類で、そのうち約7〜9割程度はチリダニの仲間です。チリダニはほこりや垢などをエサとして増殖しますが、チリダニが増えれば、人を吸血するツメダニも集まるので、カーペットでダニによるかゆみに悩む人は少なくありません。なお、人を吸血しないダニも死骸や抜け殻、ふんなどを吸い込むと、アレルギー症状が引き起こされるので、ダニアレルギーの人は注意が必要です。

ダニを駆除するポイント

人が暮らす家で完全にダニを駆除することはできません。ダニは1gの人のフケで約300匹が育ち、酸素が少ない場所や洗剤の中でも数時間は生きられるので、ダニがいない環境を作るのは難しいです。

仮に、カーペットのダニを駆除できたとしても床や畳、布団などに生息しているダニは存在し続けるので、再びカーペットにダニが集まってきて繁殖が続きます。しかし、正しい方法で掃除すると、カーペットのダニは減ります。

ダニの数を一平方メートル当たり約100匹以下までに減らせば、吸血されたり、アレルギー症状が引き起こされたりするのを予防できるでしょう。

広告

カーペットのお掃除方法

「毎日のカーペット掃除でゴミを取れているのかわからない」という人は多いです。基本のカーペットの掃除方法について確認してみましょう。

カーペット掃除の手順

カーペットの掃除は掃除機とコロコロを使って行います。まず、掃除機でほこりや髪などの汚れを取った後、コロコロで細かい汚れを吸収しましょう。

カーペット掃除のポイント

カーペットを掃除する時は、一方向ではなく、上から下、下から上、右から左、左から右などと全方向に掃除機をかけるのがポイントです。さまざまな方向から毛を逆立たせるように掃除機をかければ、奥に詰まった髪やほこりなどが浮き上がってカーペットがきれいになるでしょう。

カーペットは床などと比べてゴミやほこりがこびりつきやすいので、1平方メートルあたり20〜30秒間かけて丁寧にゴミを取ってください。なお、ゴミを取るために力を入れるのはおすすめできません。力を入れると、カーペットの毛が倒れてほこりや髪が取れにくくなるので、優しい力で掃除機やコロコロを使うのがコツです。

カーペット掃除の頻度

カーペットは毎日使うものなので、掃除も毎日行うのが理想です。コロコロを使って丁寧に掃除するのが難しい人は掃除機だけでも良いので、毎日掃除するのが良いでしょう。

しかし、仕事や育児、他の家事などで難しい場合は、週に2〜3回の掃除でも問題ありません。掃除の間隔を空けすぎると、カーペットの毛が倒れてほこりがこびりついたり、ダニが繁殖したりしやすいので、無理のない範囲で定期的に掃除してください。

カーペットの汚れ取りの方法

ペンのインクが付いたり、飲み物をこぼしたりしてカーペットが汚れてしまうことも珍しくありません。水洗いできる小さいカーペットは汚れた時に洗濯できますが、自宅で洗濯するのが難しい場合は、部分的に掃除しましょう。

カーペットが汚れた時は適切な部分掃除の方法について解説いたします。

髪の毛・ほこり

髪の毛やペットの毛、ほこりなどのゴミがカーペットに絡まっている時は重曹水とゴム手袋を使うのが効果的です。重曹を水で溶かし、スプレー容器に入れてカーペットにまんべんなくスプレーします。その後、ゴム手袋をした手でカーペットをこすると、毛やほこりが摩擦や静電気で絡み取られます。

なお、カーペット掃除に使うゴム手袋は厚手タイプをおすすめします。薄手のゴム手袋は破れやすいので、避けた方が良いでしょう。この方法は簡単なので、大きいカーペットなどを使っている場合は、子供などに掃除を手伝ってもらうのもおすすめです。

水性の汚れ・飲み物の汚れ

水性ペンのインクがカーペットに付いた時や飲み物をこぼしてしまった時は、中性洗剤でカーペットを部分洗いしましょう。中性洗剤は食器用洗剤でも住居用洗剤でも大丈夫です。中性洗剤をカーペットの部分洗いに使う時は、水で薄めるのがおすすめです。薄めた洗剤をタオルなどに染み込ましたら、汚れと洗剤を馴染ませるイメージでトントンとカーペットに水分を含ませます。

根気よく、汚れを浮かせるように取り除いていきましょう。ある程度汚れが取れたら、乾いた雑巾で水分を吸い取ります。同じ面で拭くと、汚れが広がっていく可能性が高いので、何枚も雑巾を使いましょう。

なお、汚れがひどい場合は、中性洗剤をそのままカーペットにスプレーするのも効果的です。そのままスプレーしたら、外側から内側に向かって雑巾で水拭きし、最後に乾いた雑巾で水分を取ってください。水性の汚れや飲み物の汚れは放置すると、部分洗濯で落とすのが難しくなるので、汚れに気づいたらできるだけ早く対処するのがポイントです。

油性の汚れ

油性ペンの汚れや食品の食べこぼしの油汚れは「ベンジン」と呼ばれる薬剤で落とします。ベンジンは油を溶かす薬品で、ホームセンターやドラッグストアなどに売られています。ベンジンを使う時も水性の汚れを落とす時と同じように、雑巾に薬剤を染み込ませて汚れを浮かせましょう。ただし、ベンジンは床を色落ちさせたり、傷つけたりする可能性があるため、使用時はカーペットの下にも雑巾を敷いておくことをおすすめします。

また、ベンジンは汚れを落とす時に、カーペットの色を落とすこともあります。初めてベンジンを使う時は、カーペットの隅に少量のベンジンを付けて色が落ちないかを確認してください。

また、ベンジンには引火性があるので、火の扱いには注意が必要です。さらに、子供やペットがベンジンを吸い込むと、体調を崩すことがあるので、カーペットの汚れを取る時は必ず喚起をしてください。

嘔吐物・ペットの粗相

カーペットの上で嘔吐をしてしまったり、ペットが粗相をしたりした時は重曹を使って汚れを取りましょう。重曹は菌の繁殖を抑えたり、消臭したりするのに効果的です。嘔吐やペットの粗相の掃除をする時はまず、キッチンペーパーやいらなくなった雑巾、タオルなどで表面の汚れを取ります。その後、汚れた部分より少し広めにたっぷりと重曹の粉末をかけて2〜3時間放置しましょう。

時間が経過したら、重曹を掃除機で吸い取ります。この時はカーペットに重曹を残さないように丁寧に掃除機をかけるのがポイントです。重曹がきれいに取れたら、洗剤をスプレーしてください。最後に乾いた雑巾で拭けば、カーペットがきれいになります。

臭いが残っている時は、再び重曹をふりかけ、24時間後に掃除機で取りましょう。

汚れ取りが終わったらしっかりと乾燥させる

どの方法でカーペットの汚れを取った場合も、掃除後はしっかりと乾かすことが大切です。カーペットに水が含まれたままになっていると、毛が倒れてほこりや髪が奥まで入ったり、ダニが繁殖したりするので、乾いた雑巾で根気よく水分を取りましょう。

8割程度水分を取れたら、ドライヤーで乾かすのもおすすめです。倒れた毛を立てるようにブラッシングしながらドライヤーを当てれば、カーペットがふんわりとしてほこりや毛が付きにくくなります。

カーペットのダニを駆除する方法

虫刺されが気になったり、アレルギー症状が出たりする場合は、日々のカーペット掃除に加えてダニの駆除も大切です。ダニは高温に弱いので、カーペットに熱を与えて駆除しましょう。

スチームアイロンを使う

簡単にダニを駆除したい時はスチームアイロンを使うのが便利です。スチームアイロンを使う時は、温度設定を強にして、カーペットから浮かせながら全体にスチームを当てましょう。

直接カーペットにアイロンを当てると、生地が傷んでしまう可能性が高いので、注意が必要です。ダニは60度以上の高温に当たると、一瞬で死滅すると言われていますが、徹底的に駆除したい場合は少しずつアイロンを動かしてください。

なお、同じ部分だけにアイロンを当て続けていると、ダニが移動してスムーズに駆除できないので、全面に熱を加えることを心がけましょう。スチームで熱を与えたら、全方向から掃除機を当ててアレルギー源の死骸を取り除いてください。

スチームモップを使う

熱い蒸気が出るスチームモップを使うのも効果的です。スチームモップはスチームアイロンと比べて温度が低いですが、ダニの駆除には十分の効果を期待できます。スチームモップを使う場合も、最後は掃除機でダニの死骸を吸い取りましょう。

熱に弱いカーペットに注意

スチームアイロンやスチームモップは熱に弱いカーペットのダニの駆除には向きません。使用前には、カーペットの表示などを確認して、熱への耐性を確かめましょう。熱でダニを駆除するのが難しい場合は、掃除機などでこまめにカーペットを掃除して、ダニのエサになる垢やほこりなどを溜めないことが大切です。

カーペットの臭いを取る方法

毎日、カーペットを使っていると、臭いが気になることも多いです。カーペットにこびりついた臭いが気になる場合は、消臭効果を期待できる重曹を掃除に使いましょう。

掃除機をかける前に、重曹をカーペットの全面に薄く振りかければ、嫌な臭いを消せます。カーペットの毛に重曹が付いてしまった時は、水を含ませた雑巾でふき取り、仕上げに乾いた雑巾で水分を取ってください。

カーペットをきれいにしよう

毎日使っているカーペットは知らない間にほこりや汚れが付いたり、ダニが繁殖していたりすることが多いです。清潔な部屋で快適に過ごしたい人やダニによる健康被害を予防したい人は適切な方法でカーペットを掃除して、汚れを落としましょう。