部屋の内側とも外側とも触れる網戸は汚れやすいです。しかし、「掃除方法がわからない」「面倒そう」「掃除しても綺麗にならなさそう」などと考えて定期的に網戸掃除していない人は珍しくありません。

ですが、網戸掃除は意外と簡単にできます。今回は、網戸の掃除方法を知らない人や網戸掃除をしても綺麗にならないと悩んでいる人に向けて、簡単に汚れを落とせる網戸掃除の方法を具体的にご紹介いたします。

網戸につく汚れの種類

網戸は部屋の内側にも外側にも接しているので、汚れやすいと言われています。まずは、網戸に付く汚れの種類を確認してみましょう。

外側からの汚れ

網戸の外側には土やほこり、車の排気ガス、工場から出される煙、小さな虫や虫の死骸などの汚れが付きます。また、季節や地域によっては花粉や黄砂が付くことも少なくありません。アレルギーがある人は網戸に付いた花粉や黄砂で症状が現れることも多いです。

内側からの汚れ

網戸の内側には部屋のほこりや料理で出た油煙、カビなどの汚れが付きます。また、家族に喫煙者がいる場合はタバコのヤニが原因で網戸が汚れることもあります。特に、タバコを吸う時に窓を開けて網戸にしている場合はタバコのヤニで網戸が黒ずんでしまうことが多いでしょう。

網戸の簡単掃除方法

汚れがそれほどひどくない場合は、網戸を取り外さず、簡単に掃除するだけで綺麗になります。一方、長期間網戸掃除をしていなかったり、頑固な汚れが付いていたりする場合は網戸を取り外して丁寧に掃除するのがおすすめです。

ここからは、網戸掃除の方法を詳しくご紹介いたします。まずは、網戸を取り外さずに行う掃除の方法を見ていきましょう。

ブラシを使う方法

用意するもの

  • ブラシやハケ
  • 雑巾
  • スポンジ

ブラシは大き目で密度の高いものを使用しましょう。車掃除などに使われる毛が細めで密集したブラシを使うと、網に絡まりついた汚れも綺麗に落とせます。

一方、100円ショップなどに売っている安いブラシは毛が太いため、網戸掃除には向いていません。毛が太いブラシは網に入り込まないので、こびりついたほこりを取り除けないことが多いです。

ブラシで掃除する方法

  1. ブラシで網と溝のほこりを取ります。
  2. 水を含ませたスポンジで網戸を拭きます。
  3. 雑巾で網戸を拭きます。

網戸の汚れを落とす時はブラシを横から横に向かって動かしましょう。網戸の汚れがひどい場合は水を含ませたスポンジで拭いた後に、中性洗剤を含ませたスポンジで網戸を拭くと、汚れが浮かび上がって網戸が綺麗になります。

なお、網戸にたくさん汚れが付いている場合は、掃除の際にほこりが飛び散る可能性が高いので、マスクで顔を覆っておくのがおすすめです。

メラミンスポンジを使う方法

用意するもの

  • 重曹
  • メラミンスポンジ
  • スプレーボトル

メラミンスポンジは洗浄力の高いスポンジです。水を付けて掃除したい部分をこすると、汚れがぽろぽろと落ちるため、網戸の頑固な汚れにも対応できます。「激落ちくん」などが有名ですが、100円ショップやホームセンターにはさまざまな商品が揃っています。

メラミンスポンジで掃除する方法

  1. スプレーボトルに水200mlと小さじ1の重曹を入れます。
  2. 重曹水を網戸に吹きかけます。
  3. 濡らしたメラミンスポンジで網戸を拭きます。
  4. 網戸を完全に乾かします。
  5. メラニンスポンジのカスを掃除機やブラシで取り除きます。

網戸は内側と外側の両方から拭きましょう。メラニンスポンジを使った後、生乾きの状態で網戸を使うと、ほこりやごみが集まったり、雑菌が繁殖したりする可能性があるので、注意してください。

なお、メラミンスポンジには強い成分が含まれているため、使用時は必ず手袋をしましょう。手袋は100円ショップなどに売られているゴム手袋で問題ありません。

ストッキングを使う方法

用意するもの

  • ストッキング
  • いらなくなった靴下や布
  • 新聞紙

ストッキングで掃除する方法

  1. 網戸の内側に新聞紙を貼ります。
  2. ストッキングに靴下や布を入れて丸めます。
  3. 上から下に向かってストッキングで網戸の外側を拭きます。
  4. 新聞紙を取って網戸の内側も同じように拭きます。
  5. 周りに飛び散ったほこりを掃除機などで取ります。

ストッキングを使うと、静電気でほこりや花粉などの細かい汚れを取り除けます。水分があると、汚れを吸収しにくくなるため、ほかの網戸掃除と合わせて行う時は初めにストッキングで汚れを取りましょう。

ストッキングを使っても網戸の汚れを取り切れなかった場合は、網戸全体に重曹水を付けて汚れを浮かせた後に、タオルなどでふき取ってください。

フロアワイパーを使う方法

用意するもの

  • フロアワイパーの本体
  • 表面に凹凸のあるフロアワイパー用のウェットシート

フロアワイパーで掃除する方法

  1. シートを取り付けたフロアワイパーで網戸の内側を拭きます。
  2. 外側からも網戸を拭きます。
  3. シートを手に持ち、サッシを拭きます。
  4. ほこりやごみを掃除機や箒で掃除します。

手軽に網戸を掃除したい時はフロアワイパーが便利です。ただし、表面に凹凸のあるシートでも細かい編目にはシートが入り込まないため、こびりついた汚れは落とせません。前回の網戸掃除から時間が経った場合や目に見えるほど汚れが気になる場合は他の方法で網戸を掃除するのがおすすめです。

広告

網戸のしっかり掃除方法

徹底的に汚れを落としたい時は網戸を取り外して掃除するのがおすすめです。網戸を取り外す掃除方法は難しいイメージがありますが、方法を知っていれば、女性でも簡単にできます。

中性洗剤を使う方法

用意するもの

  • 中性洗剤
  • スポンジ
  • ホース
  • 掃除機

中性洗剤で掃除する方法

  1. 網戸を取り外します。
  2. 網戸に掃除機をかけます。
  3. ホースを使って網戸を濡らします。
  4. 水と洗剤を付けたスポンジで網戸をこすります。
  5. 網戸で泡や汚れを洗い流します。
  6. 網戸を完全に乾かします。
  7. 網戸を取り付けます。

固定されていない網戸は持ち上げるだけで簡単に取り外せます。固定されている網戸はドライバーでねじを取りましょう。洗い終わった網戸は天日干しするのが望ましいですが、時間がない場合などは乾いたタオルで拭いても大丈夫です。

網戸掃除の注意点

網戸掃除をする時は、力を入れすぎないように注意してください。網に詰まったほこりを無理やり取ろうとして力を入れると、編目が歪んだり、網戸に傷がついたりすることがあります。網目が歪んだり、傷がついたりした網戸は汚れや臭いが付きやすくなり、室内にほこりや小さな虫が入りこむ可能性も高まります。

また、網戸掃除をする時は必ず窓を閉めましょう。窓を開けた状態で網戸を掃除すると、絡まっていた汚れが部屋の中に入ってしまいます。

網戸掃除の頻度は?

網戸は定期的な掃除が必要です。掃除の間隔が開けば、簡単には汚れを落とせなくなり、専用の洗剤などを使っても綺麗にならないこともあるため、こまめに掃除しましょう。

家の立地や網戸の使用状況などによって汚れ具合は変わりますが、簡単な網戸掃除は2週間に1回程度行うのがおすすめです。簡単な掃除を定期的に行っていれば、網戸を取り外して行う本格的な掃除は半年に1回程度でも問題ないでしょう。

網戸掃除におすすめの時期は?

網戸掃除は一年を通して行うのが望ましいですが、特に花粉が落ち着いた5月ごろと台風シーズンが去った10月ごろはおすすめの時期です。5月に掃除しておくと、暑くなって窓を開けた時に花粉が入り込まないため、アレルギーがあっても快適に過ごせるでしょう。

10月は台風の雨や風で編み目に挟まった汚れを取りやすくなっているだけでなく、冬よりも湿度や温度が高いため、汚れを落としやすいです。

なお、春夏に網戸掃除をする場合は、曇りの日を選びましょう。曇りの日は晴れの日と比べて湿度が高いため、汚れを落としやすいと考えられています。また、曇りの日は温度が低いため、夏でも掃除のために体を動かしやすいです。

網戸汚れを防ぐ方法

網戸掃除が終わったら、できるだけ長期間綺麗な状態をキープしたいでしょう。ここからは、綺麗な網戸をキープしたい人に向けて網戸汚れの予防方法について解説いたします。汚れを予防しておけば、網戸掃除の頻度も減らせます。

掃除機をかける

網戸に付いた汚れは長時間放置しておくと、こびりついて掃除しにくくなりますが、付着して時間が経っていなければ、簡単に取れます。掃除機で吸うだけで綺麗になるため、毎日床掃除のときに網戸も掃除機をかけておくと良いでしょう。

結露防止スプレーを使う

網戸掃除が終わったら、窓用の結露防止スプレーを網戸に吹きかけておくと、網戸に汚れが付きにくくなります。特に、ほこりや花粉を予防できるスプレーを使うと、掃除後も長時間綺麗な網戸をキープできるでしょう。

網戸全体にスプレーしたら、液を染み込ませたタオルで網戸を拭き、全体的にまんべんなくスプレーを行き渡らせてください。なお、窓用の結露防止スプレーでもワックス入りのものは成分が網に詰まってしまうことがあるので、避けた方が無難です。

柔軟剤を使う

洋服用の柔軟剤には、静電気を防止する成分が含まれています。そのため、網戸に柔軟剤を付けると、ほこりや花粉が付きにくくなることが多いです。網戸掃除が済んだら、柔軟剤を含ませたタオルで網戸全体を拭いて、ほこりや花粉の付着を予防しましょう。

業者に網戸の張替え頼むのもあり

自分で掃除しても網戸の汚れが綺麗にならない時はお掃除業者に網戸の張替えを頼むのも一つの手段です。業者に頼むと、知識と技術を持ったプロが網戸を張り替えてくれるため、長期間掃除を放置して汚くなった網戸も綺麗になるでしょう。

専門業者による網戸の張り替えのサービス内容

プロによる網戸掃除のサービス内容は業者によって違います。しかし、ほとんどの場合は網戸の取り外しや取り付けと網の張替え、サービスによって出たごみの回収などが含まれています。

専門業者による網戸の張り替えの相場

専門業者による網戸の張り替えの相場は網戸1枚に付き2,500円〜4,000円程度です。窓やサッシの掃除と合わせると安くなることも多いため、気になる人はいくつかの業者に問い合わせてみると良いでしょう。

ただし、業者によってはスタッフの対応が悪かったり、表示料金以外の追加料金が必要だったりするため、業者を調べる時は口コミを確認しておくと安心です。

まとめ

網戸は部屋の中にも外気にも触れるため、汚れが溜まりやすいです。「網戸掃除は難しそう」と思っている人は多いですが、15分程度で意外と簡単に掃除できるため、汚れがこびりつく前に掃除をしましょう。

定期的に簡単な掃除をしておくと、花粉やほこりが溜まりにくくなるため、アレルギー対策にも良いです。